カテゴリー別アーカイブ: 抗がん剤や脱毛について

頭皮良好!やっぱりシャンプーって大事?



まったり。台風一過ですね。

さて、今日は個人的な見解でのシャンプーのお話。(何使ってますか?とたまーにご質問いただくので。)

大前提として、もともとあんまりシャンプーにこだわったことはありません。髪質が荒かったので「何使ってもそんなに変わらないでしょ。」というのが基本スタンス。でもさすがに髪が無くなると少し気になって来ます。だって、地肌にダイレクトに届きますからね。

でも脱毛後もしばらくは、薬局で売っている500円くらいのやつを使っていました。理由は、1000円位出したところで大して質は変わらないだろうし、良さそうなやつはコンディショナーと一緒に買うと5000円超え、みたいなものが多かったから。続かないだろうな~と思って手が出せなかったんです、正直。

それがあるとき、友人にすすめられて使ってみたのがこれ。

玉の肌シャンプー&コンディショナー、各1400円。ちなみに、そらぞらで取り扱っている訳ではありませんので、全く宣伝ではありません。個人的な使用の感想です(^^)
ムスクとフィグを試して、今は3本目のガーデニアを使っています。(個人的にはこれが一番好み。)1日1回使用で4ヶ月位もちます。(あ、でもちゃんと髪がある人は2~3ヶ月位かも。)

今使っているガーデニアの前、ちょっと浮気して市販の同じ位の値段のもの(ボタニカル)を使ってみましたが、残念ながら私には合わなかったようで。頭皮が痒くなったり乾燥したりしました。香りも少し強すぎたかな、と。

で、こちらに戻してみたらすっかり治まりました。なのでしばらくは、一途に浮気せずに過ごすことを心に決めました。笑

ちなみにノンシリコン。あ、でもシリコンが悪いとは全然思っていません。知り合いの美容師さん3人も「手触りの良さを考えたら、シリコン必要だと思うけどなぁ」って言っていました。化学的なことは良い・悪いの情報が溢れているので断定できないのが本音のところ。すみません。ちなみにうちの旦那さんは「指通りがイマイチ。LUXの方が良い!」って言っていました。人それぞれですね。

でも(話は戻りますが)、よーーく考えたら、脱毛中はほぼ美容室に行かないし、その美容室代を考えたらお高いものを試すのも悪くないかもしれません。いや、私は浮気はしませんが。たぶん。

ちなみに、最近フルウィッグを使っているんですが、1週間ほど前にもう一つ、「これは!良い!快適!」と思う商品に出会いました。こちらは1200円。そらぞらで取り扱っています。自分が使っている写真付きで次回きちんとご紹介します。

ウィッグの蒸れ、皮脂による汚れ、(ちょっと大きくて)ウィッグがずれる、ウィッグの内側が地肌にあたって痒くなる、などお悩みの方は是非ご覧ください★今週中にブログでご紹介します!

正解は、人ぞれぞれ。

「そらぞら」の由来は「人それぞれの空」

子どもの頃から、まぁまぁ辛い経験をしてきた私は、気付くと空を見るようになっていました。「この広い空に比べれば、私の悩みなんて・・・」なんて、よくある前向きな気持ちになるわけではなく。ただただ、「空はずーっと遠くまで繋がってるんだな。」「どっか知らない国で、すごい辛い想いをしてる人がいるのかな」など、現状からちょっと逃避するときの手助けをしてもらっていた感じ。

良いことも、悪いことも、その人によって違う。
自分の気持ちを完全に人に理解してもらおうと思っちゃダメ。

マイナスな意味合いではなく、こういう実感を通して心が平穏に保てるようになっていきました。だから辛い経験も悲しい出来事も、時間が経てばどこかできっと役に立つ。

・・・と、なんだかちょっと心理に寄った内容になってしまいましたが、別に落ち込んでいませんよ!ツイッターのフォロワーさんの投稿で “あ、なんか分かるなぁ” と思うつぶやきがあったんです。それがこちら。

「姉に、私がウィッグかぶっているから、人の髪の毛ばかり見るようになっていて、ウィッグの人が見分けられるようになったみたいなこと言われて、なんだかちょっとへこんだ。 そんなスキルいらんよー!」

(その後、次の投稿で)

「でも、父は「全然分かんねぇし、そんなに人の頭なんて見てねぇよ?」と言ってくれてちょっと安心。」

どうでしょう??

これ、どちらも悪意とか全然ないと思うんです。お姉さんはきっと「ウィッグの人って意外と多いよね。大したことないよ。」って感じで話したと思うし、お父さんだってもしかしたら、気を遣ったとかではなく、本心で「人の頭、気になんなくね?」って思って口にしただけかも。

でも、私も多分お父さんの言葉にほっとするだろうなーって思いました。「気付いて優しい目で見てよ!」っていうより、「大勢の中の一人なんでそっとしておいて。」って思うタイプ。多分、一般的にこっちの方が多い気がしますが。

光景が目に浮かぶなぁと思いつつ、どちらの言葉も文字にしてニュートラルな気分で見ると、決して悪くない。だからやっぱり、人によって、タイミングによって、自分の気持ちの状況によって、正解は変わるんだなと再認識しましたというお話。

でも意外と、目線や話し方(ゆっくり優しく、みたいな。)で気遣う気持ちが伝わって、多少の言葉の不器用さは許せちゃったりするもんです。笑

さてさて、金曜が終わったら暦上は3連休。ほっと一息ついて、冬物の布団でも干して、穏やかな週末を迎えましょう(^^) 息は、吸うよりしっかり“吐く”のが大事らしいですよ。吐くから吸える、という単純なことらしいです。

では、また!

3ミリに気付くオンナになる。

少しの変化を喜ぶということ。

「生え始めた短い髪の毛。」
最近、インスタやTwitterのフォロワーさんの投稿でよく見かけます。うっすら生えてきた髪の毛。「まだまだ・・・!」と言いながら、投稿から嬉しさがじんわり。すごくわかります。周りから見たら、全然ハゲ(ごめんなさい。でも私もおんなじ。)の仲間だけど、指先に感じる柔らかい短い毛の感触は、紛れもない嬉しい事実!

実は私もちょっと、今日、それを感じたんです。上から毛流れに沿ってなでるとそんなに分からないけど、下から指を通すと指の腹にひよこみたいなフワフワな毛が当たる!分かりますか?この感覚。

(気がする、ではないことを祈りつつ。)

私の場合は、側頭部が割と早めに生えてきます。(でも前髪は伸びるのが遅い。泣)で、後頭部が遅い。(でもえり足だけ伸びる。)大体いつもこんな感じです。
皆さんはいかがですか??

前髪の伸びが遅い、という方は多いですね。そらぞらの実店舗(美容室Smac)でお客様とお話すると、約8割位の方がそうおっしゃいます。前髪が伸びればウィッグ卒業できるのにー!という声もよくお聞きします。

と、いうことで、週末に準備して、前髪用ウィッグも3600円で販売開始しようと考えています。このお値段で人毛100%です!部分ウィッグは自分の髪となじませるので、特に自然さが大事。ご期待くださいませ(^^)

ここまで読んでくれた方へ、今日は勇気をもって後頭部写真を公開します。

ちっちゃ!

お許しください。正直、怖いんです。

でもそれより、後頭部を写す鏡の中の私、なかなかすごくないですか?我ながら手首柔らかくない?と思った瞬間でした。笑
今週も楽しいこと、見つけましょう!

髪と筋肉の関係。

こちらは、人毛MIXのウィッグを濡らしてみたところ。約10年前に購入したものですが、意外と普通ですね。(この後乾かすとパサパサでしたが(^^;))

 

さて、今回のタイトル「髪と筋肉の関係」。
先日そらぞらのインスタに投稿して過去最高いいね!を獲得したパーソナルトレーニング始めましたの記事にちなんで。

 

 

自己管理に限界を感じた私は、9月からパーソナルトレーニングに通い始めました。全12回。目的は、ダイエットではなく「見た目」。極端に言えば、2キロ増えても見た目がスタイリッシュならその方が良い!ということです。なぜなら、5年ほど前に岩盤浴と食事制限(単に食べる量を減らした)で7キロ落としたときに20代の同体重のスタイルと全く違っていてショックを受けたから。

 

体重が減ったらそれはそれで嬉しいけど、それより見た目を変えたい。すーっと縦に線の入った腹筋を手に入れたい!身体は一生もの。30代のうちに仕上げて維持していきたい!と一念発起したのでした。

 

週2回のトレーニングと食事指導。食事については、毎食写真を撮って報告し、バランスを見てもらっている感じ。熱すぎず、厳しすぎないマッチョさんを選んだので、ほど良いテンションでやりとりをさせてもらっています。

 

で、なんでこれをわざわざ記事にするのか。
それは、相当意識して食事をしないと、タンパク質を必要量摂るのは難しいんと痛感したからです。

 

 

実は、髪の主成分(約90%)はケラチンと言われるタンパク質。爪や肌も同様です。脱毛自体は免疫異常が原因だとしても、健康な髪が育つにはタンパク質が不可欠。私の身長体重(中肉中背とだけ…)だと120g位は必要です。

 

スタートして約3週間。今日初めて「ほぼクリアです!素晴らしい!」と嬉しいLINEが届きました。さて今日の、その食事とは。

 

朝:プロテイン
間食:ドライマンゴー
昼:セブンのそぼろご飯&持参したささみとレタス、ゆで卵。
間食:もなか(好きじゃないけど、糖質を摂るために和菓子摂取。)
夜:秋鮭とマッシュルームのにんにくオリーブ煮、ブロッコリー、ゆで卵、軽めのご飯と納豆。
就寝前:軽くトレーニングしてプロテイン

 

いやー、初めて文字にして並べてみましたが、ちょっと引きますね。笑 でも、これでやっと1日の必要量。大変だなーと思う一方、「今までの食事は一体何だったんだ?」と逆に心配になりました。我ながら。

 

トレーナーに食事を送るようになって判明したこと。それは「圧倒的に摂取カロリーが足らない」ということでした。私が必要とする基礎代謝量は約1800kcal(ダイエット中だとしても1300~1400kcal)。でもトレーニングを始めるた頃の私は、平均すると約800~900kcal。これだけ足らないと、(大袈裟に言うと)生命維持のために、身体は痩せることも脂肪を燃やすこともせず、省エネ運転になるとのこと。

 

なるほど!だから食べなくても痩せないのか。

 

その証拠に、前より圧倒的に食べているのに、3週間で2キロ近く痩せました。体脂肪率もダウン、筋肉量はアップ。以前は、もちろん栄養のこともほとんど考えていなかったので、タンパク質も極端に不足していたと今ならわかります。これじゃあ、治るものも治らないな、と。身体が変わることはめちゃくちゃ嬉しい事なのですが、私にとってはプラス@の意味があるんじゃないか?と最近充実感を覚えています。

 

何(タンパク質・脂質・糖質)がどれくらい必要なのか?の計算式を書こうかと思いましたが、すごく見づらくなったのでやめます。出し方は、先に自分の身長&体重から基礎代謝量(kcal)を出す。それから、その1日に必要なカロリーの内訳を出すという流れです。ネットで計算式はすぐ出てきますので、気になる方は試してみてくださいね。結構、びっくりします。洋菓子、食べられません。泣

 

 

いつ生えてきても居心地の良い身体(地肌)であるために。

 

明日も、自分とまだ見ぬNEW髪の毛のために頑張ってきます!

無くすものと、得るもの。

か、かわいい・・・。
強みを生かすということ=弱みを無くすということ。

否!

大切なのは、強みをどんどん磨くことだと思うのです。私は子どもの頃「苦手科目を克服しなさい!」「もっと慎重になりなさい!」「食べるのが遅すぎる!」などなど、毎日嫌というほど怒鳴られて育ちました。(別に確執がある、とかいう話ではありません。良好な関係です。笑)
でも、大人になって、身をもって体験したり本を読んで今、思うこと。それは単純に、「強みを伸ばす方が楽しい」という事実。弱みの克服のために辛い時間を過ごすなんて勿体ない。強みを生かすためor他人に多大な迷惑がかかる弱みなら、改善も必要かもしれませんが、大抵の事は “今より悪くならないようにする” 位で良いのではないか、と思っています。
なんで急にそんな話を??
この前仕事終わりに駅まで歩いていたとき、自分の強みや弱みについてボーっと考えていたんです。そのとき、「弱み・・・やっぱ髪の毛がないこと、それを全面に出すほど勇気がもてないことかなぁ。」と(短所というより弱点、という意味合いですね)。そしたら、「え、治すための努力なんてもう無理。これ以上髪の毛にとらわれたくない」・・・正直、そう思いました。
脱毛症の治療って、根気がいるし結構しんどいですよね。いくつか種類はあるけど、ショック療法みたいなものもある。あえて刺激を与えて毛根を目覚めさせる!みたいな。私は少しのステロイドを含んだ飲み薬だけでしたが、それでも、もう嫌です。浮腫むし、胸が痛くなったし、何より、薬をやめたら3ヶ月でまた抜けてしまったから。
今のところ薬を飲んでも飲まなくても、抜けるときは抜ける。(悲しい・・・。)薬を飲んでいたときは、生え始めるのが早く、ガーーっと一気に伸びてきました。当時、携帯で毎週写真を撮っていたのですが、1週間毎に目を見張るほど伸びるんです。もちろん嬉しいことではあるんですが、個人的には少し怖かったんです。
いやいや、こんなスピードで人の髪って伸びるんだっけ?・・・と。
今も現在進行形で髪が抜けているけど(4度目!)、今のところ治療は考えていません。病院で脱毛について話す雰囲気、ウィッグをとる瞬間のあの一瞬の間。私にとっては先生と看護師さんの目線がストレスに感じてしまいます。完治が難しい治療に全く前向きになれないのです。
じゃあ、強みは??
もともとの性格とか特技みたいなのは置いておいて、私は人の痛みに敏感になった気がします。そして人の話をよく聞くようになりました。「なんでこんな話をしているのか?(この話の背景にあるものは?)」話しながらよく考えます。以前の私は(特に仕事のときは)、「仕事だからやってあたり前」と、基本的に出来ないのは“甘え”だと片付けてしまうところがありました。
皆さんはどうですか??
私は、人の辛さを感じ取っても、ベタベタに優しくするのは苦手です。細かく解説するのは恥ずかしすぎるので避けますが、別れ際に一言声をかけたりする感じでしょうか。自分がされて、じわ~っと嬉しさを感じたことを自然と相手にもするようになりました。
これ、文字にするとあんまり何てことない(脱毛症の辛さと釣り合わない)気がするんですが、病気にならなかったら一生手に入らなかった強みなんじゃないかと思うんです。そして多分、人間関係においてはずっと役に立つ強み。
髪が無くなってしまうことを弱みとするなら、多少生活や食事を見直して身体を気に掛ける。(それで今より本当に悪くならないか、は分からないですが。良いことをしてる、という自己暗示は大事。)
人の話を聞くことができるようになったのを強みとするなら、そこをもっと伸ばす。自分も相手も心地よい空気感とは?表情の一瞬の変化を敏感に感じ取れるようにするには??
強みを伸ばすと、新たな可能性が見えてくるかも!
仕事もプライベートも、ちゃんと楽しんで充実させたい。でもそれは、人や環境に左右されるのではなく、自分が主導であるべきだと思うのです。
なんだか哲学的になってきました。(気のせい?だったらすみません。)まぁそんな難しいことではなく、悪いことがあれば良いこともあるよ!ちょっと遠くから自分を見てみよう!というお話です(^^)
明日はまたまた月曜日!少しでも楽しい毎日になりますように。

脱毛症になって良かったこと?・・・うーん。

雨にいち早く気付けること。

Twitterのフォロワーさんがそんなことをつぶやいてました。笑 脱毛症で帽子もウィッグも使わず外出できる人は中々いないので、これは少し限られた場面ですが。。。

たまに(脱毛症に限らず)「この病気になって良かった」っていう言葉を見聞きします。恐らく、その病気になったから分かったこと、ならなければ気に掛けることすらできなかった大切なことに気付けたから、というのがよく見かける理由ですね。
皆さんはどうですか??
私は残念ながらそうは思えません。きれいな髪が普通にあるなら、その方が絶対いい。髪について、あーだこーだ言っていたあの頃が懐かしい。街ゆく人がうらやましい!でも、始めに書いたツイッターのつぶやきを見て、「しいて言うなら良い事って何かなー?」と考えてみました。そして出てきた私なりのお得ポイント。

・美容室に行く必要がない=定期的な支出がない!
・朝のセットがめちゃくちゃラク。
・地毛より髪質が格段に良い。
こんなところでしょうか。美容室でカラー(orパーマ)とカットを2ヶ月に1回(ちょっと多めですか?もう忘れちゃったw)するとして、毎回1万2千円だとしたら、1年で7万2千円。もっと単価の高いところだと1年に10万円近くになりますね。今はウィッグの価格はだいぶ安くなっているので、ウィッグ代を差し引いてもおつりがきます。
朝のセットは5分くらい。バシっときまれば1分。さらに、もともと剛毛な私は、さらっと指通りの良い髪も嬉しい限り。
他には??
人に優しくなった・・・。
今まではほぼ無かった “自分とは違うタイプの人の状況にも寄り添う” ことが何となくできるようになってきた気がします。「常識的に考えると」とか「普通は」という言葉が格段に減りました。多分。
「この病気になって良かった!」とは全然思えないけれど、なった結果、自然と身に付いてきた自分に足りなかったもの。相殺したらプラスだからラッキー!・・・とは到底思えないですが、完全マイナスではないのは確かです。
でも、早く治ってくれー。
今治っても、前の私に戻ったりしないから。と免疫に話しかけながら眠ります。じわじわと増えてきているフォロワーさん。結構前向きに脱毛症と向き合っている人も多いんだなぁと驚いている今日この頃です。

事実は何なのか?

ちらり。ちらりはドキドキしますね。PC噛みますからね。噛みます、とタイプしたら「髪ます」と出ました。何回髪って打ってきたんだろう。
さてさて、ウィッグを使っていると人の目線が気になります。皆さんはいかがですか?
1対1で話しているのに、目線がおでこの生え際に。すれ違い様の人が軽い二度見をした。気がする。など。私は今日、よく靴を見られるなーと思ったら、破けてました。靴下じゃなくて靴がです。これはこれで驚きです。
話しは戻って人の目線について。確かに他人のウィッグに違和感を感じることは、ある。でも今回は少し角度を変えます。
2度続くと「よくある」と思ってしまうということ。
ちょっとイメージしてみてください。朝、会社で話した同僚がウィッグをちらっと見た気がした。そして昼休み、ランチで横に座った見知らぬ人が自分を見ている気がした。もう、すごく気になってきますよね。「変なの?」「ズレてる?」「なになに?」今すぐ帰って家で前後左右を確認したい!そう思うこともあるかもしれません。
でも、ちょっとストップ。
ただ見ただけ、かも。
本当にただの偶然の可能性有。だって、逆に自分に置き換えて考えると、特に意識せずとも、目の前の人と話す時ずっと目を合わせるのが気まずくて少し目線をずらしたり、ぼーっと隣の人を見ていたり。結構普通にやっていたりします。
なんでそう思うようになったのか?別に本を読んだわけではありません。
例えば、友達との会話で「携帯落とした」と聞く。そして次に話した人にも「昨日携帯なくしてさ」と聞く。その後別の友達と話しているときに「携帯なくしたら困るよね」と言われたら?
最近、携帯無くしたって話、めっちゃ聞くんだよね。
そんな流れになること、かなり多い。たった2度しか聞いてないのに。1日の中でではなく、それが1週間に2度だったとしても、「結構多い」「めっちゃ聞く」そんな風に話すひと、多いです。統計的にはたった2回。本当はどうなのか?その他大勢はどうなのか?そんなこと考えないんです。
以前、なんとなく周囲が話すこのワードが気になって、意識的に「何回そういうことあったん?」って聞くようにしたら、大体が2回でした。そんなに多くないやん。危ない、スタンダードと思うところやった・・・。こんな感じでその考えに行きつきました。
何が言いたいかって??
今日の私は、2度見られた結果、本当に問題が起きていた。でも、そうじゃないことも、実は多いかもよ?というお話です。ウィッグは、同じくウィッグを使っている人か、業者以外、ほとんど気付きません。(よほどツヤツヤなファッションウィッグなどは別ですが。)
あまりに気になるときは、手鏡を。足元に何か落としたフリをして、机の下でさりげなくチェックしましょう。「なんだ、たまたまやん!」と安心してまた意識を正常に戻せます。もし本当に髪型が崩れていたら??・・・トイレにダッシュで解決です!よい週末を。